たねまきをしよう

  • つちの じゅんび
  • たねまき
  • めが でたよ

ぐんぐん のびろ

  • ほんばが  でたよ
  • うえかえ
  • ほんばが おおきくなったよ
  • はっぱが  ふえた
  • つるが  でた
  • しちゅうを たてよう

おはなが さいた

  • はなめを みつけた
  • つぼみを みつけた
  • おはなが  さいた
  • 2ほんめの おはなが さいた
  • たくさん おはなが さいた
  • みが  できた
みが できた

7がつ 11にち (もくようび)

きょうは あさから あめが すこし ふりはじめて きました。

あめや くもりの ひが つづいていますが、あさがおは どうして いるでしょう。

おはなが 16こ さいています

おはなが 16こ さいています。

あかいろの おはなが 7こ、むらさきいろの おはなが 9こ さいています。

あかいろの おはな
たくさん さいて いるね

みずたま もようが できて いるね。

 

7がつ 12にち (きんようび)

きのうの よるは おおあめが ふりました。
きょうは あおぞらが みえる くもり ですが、すこし うすぐらいです。

あつい ひが つづいていますが、あさがおは どうして いるでしょう。

おはなが 14こ さいています

おはなが 14こ さいています。

あかいろの おはなが 6こ、むらさきいろの おはなが 8こ さいています。

あさがおの おはな
あさがおの おはな

きょうも たくさん さきました。

おおあめが ふった ところなので、おみずは あげませんでした。

7がつ 16にち (かようび)

きょうは きれいな あおぞらが みえる くもりです。

なつのような あつい ひ です。

おはなが 18こ さいています

おはなが 18こ さいています。

あかいろの おはなが 8こ、むらさきいろの おはなが 10こ さいています。
とても たくさんの おはなが さきました!

あさがおは あついのも へいきです。

おみずだけは しっかり あげましょう。

7がつ 17にち (すいようび)

きょうは あめが ふりそうな くもりから、だんだんと あおぞらに なってきました。

あつい ひが つづいていますが、あさがおは どうして いるでしょう。

おはなが 13こ さいています

おはなが 13こ さいています。

あかいろの おはなが 6こ、むらさきいろの おはなが 7こ さいています。

きれいな おはな
むらさきいろの おはな

きょうも きれいな おはなが たくさん さきました。

  

7がつ 18にち (もくようび)

あさがおの みが できた

きょうは あさから ずっと くもっています。ことしは めずらしく なつやすみ まえまで、あめの おおい
「つゆ」が つづいています。

きょうも あさがおは げんきに おはなを さかせています。

おはなが 6こ さいています

おはなが 6こ さいています。
あかいろの おはなが 3こ、むらさきいろの おはなが3こ さいています。

むらさきいろの おはな

きょうも とても きれいです!

まだまだ あたらしいつぼみが たくさん できているよ。

そして、したのほうの はっぱを そっと めくってみると……

あさがおの み

あさがおの みが できていました。

さいしょのころに さいた あさがおが あおい みに なっていました。
あおい みが かたくなって ちゃいろに かわったころ、あさがおの たねができます。

 

あさがお にっきは きょうで おわりです。

なつやすみの あいだも、 けんこうに きをつけて、 たのしく おすごしください。

ながい あいだ みに きてくれて ありがとう!
   

破線
あさがおの み

おみずを あげましょう。
ペットボトル 2はいの おみずを かけましょう)
これから きおんも たかく ひざしの つよいひが つづきます。
あめが ふっていなければ、まいにち かならず おみずを あげてください。

それから、おはなを さかせるために あさがおは たくさんの おみずを ひつようとします。
ゆうがた つるを しちゅうに まきつけた あとにも、 おみずを あげてください。

はっぱが おおくなって いるので、うえから おみずを かけると つちまで とどかない 
ことが あります。
うえきばちの まえに、ペットボトルが さしこめるように なっています。
ここに しゃしんのように ペットボトルを さしこむと、おみずが つちに とどくように
でてきます。

前の日記

このページのTOPへ