たねまきをしよう

  • つちの じゅんび
  • たねまき
  • めが でたよ

ぐんぐん のびろ

  • ほんばが  でたよ
  • うえかえ
  • ほんばが おおきくなったよ
  • はっぱが  ふえた
  • つるが  でた
  • しちゅうを たてよう

おはなが さいた

  • はなめを みつけた
  • つぼみを みつけた
  • おはなが  さいた
  • 2ほんめの おはなが さいた
  • たくさん おはなが さいた
  • みが  できた
はっぱが ふえた

6月3日(げつようび)

   

きょうは あおぞらの なかに しろい くもが ほそながく、うすく かかっている よい おてんきです。

あさがおは よい おてんきが すきなので、きっと よろこんで いるでしょう。

さっそく あさがおを みに いって みましょう。

はっぱが おおきくなったね

げんきに はっぱを ひろげて います。

はっぱが ずいぶん おおきく なりました。
あたらしい はっぱも どんどん でてきて いるようです。

 

6月5日(すいようび)

   

きょうは あめが ふりそうな くもりです。

あさがおは どうして いるかな?

また はっぱが おおきくなったね

まえよりも はっぱが おおきくなって います。

げんきに そだって いるよ。

 

6月7日(きんようび)

   

うけざらを つけよう

きょうは あさから ずっと あめが ふっています。
きおんも すずしくて すごしやすいです。

あめが すこしの あいだ やんだときに、あさがおを みに いって みました。

ずいぶん はっぱが そだっています。

つちが みえないくらい はっぱが そだっています!

げんき いっぱいだね。

 

破線

あさがおは はっぱが ふえると、おみずが たくさん ひつようになります。
ちょっと はやい ですが、どようびと にちようびの おみずやりを たすける、
うけざらを つけることにしました。

あさがおと うけざら

うえきばちAがたに ぴったりの おおきさの うけざらAがたです。

うけざら Aがた

うけざらにも なまえを かきましょう。

うけざらの でっぱりと うえきばちの そこの へこみを あわせて はめます。

うけざらの つかいかた、きをつけることは こちらの ページを みてください。
※せんせいや ほごしゃの ひとに よんで もらってください。

うけざらを つけた あさがお

ダイワうけざらAがたは おみずを ためることが できるので、 あつい なつのひや、
おやすみのひの、おみずやりを たすけます。

これで おみずを あげるのは おやすみのひ だけに してください。
つちの うえから おみずを あげると、こやしが すこしずつ みずに とけて 
あさがおの えいように なります。
それから つちの うえからの みずやりで、つちの なかの くうきを いれかえることも 
できます。 おいしい えいようと、しんせんな くうきが ふえて、あさがおも きっと 
よろこびます。

破線

お知らせ

梅雨に入った地域では、雨が降っているときや朝地面が湿っている時は水をあげる必要はありません。
お住まいの地域や天候にあった水やりをしてください。
湿度が高く気温が高い天気が続くと、病気の発生が多くなります。ご注意ください。
また、雨が少ないと害虫の発生も多くなります。
害が広がりそうな場合は、早めに対処してください。

 

お知らせ

 

前の日記

このページのTOPへ

次の日記